カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

Feed

KETTLEBELLKON (ケトルベル魂) プライオボックス(ジャンプ・ボックス)

KETTLEBELLKON (ケトルベル魂)ブランドの、プライオ・ボックス(ジャンプ・ボックス)!

スポーツジム、スポーツチームだけでなく、ご家庭でもご利用いただける、スタイリッシュなこだわりのプライオボックスが遂に日本上陸!

・丈夫なスチール製フレーム、上面にはスリップしないラバーマット。
・クロスフィット、プライメトリックトレーニングに最適なジャンプボックス。
・上部が細くなっているデザインで、安定性に優れジャンプし易い。さらに重ねて収納出来る。











プライオボックスを活用したエクササイズ方法は、以下のようなYutube動画をご参考頂ければと思います。



・以下の4種類からお選びいただけます。

・12インチ
 高さ:約31cm、横幅(上部):約33cm、横幅(底面):約43cm、重さ:約7kg
・18インチ
 高さ:約46cm、横幅(上部):約37cm、横幅(底面):約51cm、重さ:約9kg
・24インチ
 高さ:約61cm、横幅(上部):約41cm、横幅(底面):約58cm、重さ:約11kg
・30インチ
 高さ:約76cm、横幅(上部):約46cm、横幅(底面):約66cm、重さ:約14kg


(注1)サイズ、重さは大よその数値であり若干の誤差があることを予めご了承の程お願いいたします。
(注2)サイズの大きい商品になりますので、利用するスペースと商品のサイズを比較の上、ご購入の程お願いいたします。


12 inch(約31cm) :13,800円(+送料980円)
18 inch(約46cm) :16,800円(+送料980円)
24 inch(約61cm) :18,000円(+送料980円)
30 inch (約76cm) :18,000円(+送料980円)
上記の4点セット :58,000円(+送料980円)
型番 PB01
販売価格 13,800円(税0円)
購入数
プライオ・ボックス サイズ選択

PR


    ケトルベルの情報ポータルサイト”ケトルベル魂”
    アメリカで大人気の消費カロリー世界No.1エクササイズの「ケトルベル」!脂肪燃焼、ボディメイク効果抜群。 さらに、集中力が養われ、心のバランスもよくなり、バリバリとよい仕事が出来て、家族、友達、恋人、仕事仲間との関係もどんどん向上すると評判のケトルベルエクササイズ!



カスタマーレビュー

  • 5star 瞬発力アップ!! 2015/01/26 16:57:58
  • By ケトルベル偏愛者(50代・男性)
  • まさしくプライオ!プライオメトリックトレーニング、瞬発力、パワーをつけるには自宅で手軽に出来るジャンプボックスです。以前から欲しく探しておりましたがどこ見ても学校の体育館や体育系のクラブの合宿所にあるような木製で大きいもので、値段が4〜5万、個人ではとても手がでません。良い品さんでのプライオボックスのコストパフォーマンスは100点満点です。鉄製で頑丈で安心して使えます。また場所は取りますが、下の部分にケトルベルを収納してスペースを有効に利用してます。

    さて効果の程は!! 瞬発力、ジャンプに使う下半身、腹筋とかなり刺激されます。私は24インチ、約61cmの高さを選びましたが、初めは高いかなと思いましたが正解でした。でも結構高いです。やり始めは1セット、5レップ程度しかできませんでしたが、慣れと上半身、腕の振り上げの反動も使うことにより、今は1セット10レップをケトルベルや他のワークアウト終了後に補助トレーニングとして取り入れてます。飛び上がり、その勢いで飛び降りると腰や膝、足の裏を痛める可能性があるので、降りる際は、負担のかからないように注意してゆっくりおります。回数やセットの組み方次第、さらにウエイトベストを着用等の応用で爆発的な瞬発力とパワーは付くと思います。24インチは高いのでジャンプもニーアップジャンプぽくなるので腹筋下部も結構きますね! ただこれで持久力をつけるとなると、ジャンプでなくステップで長時間乗り降りでしょうか。でも結構高いので、たくさんのレップ数のジャンプやステップでの使用では12、18インチのボックスが適していると思います。

    持久系は別トレで行っているので、ボックスは発力強化目的での購入だったので24インチで正解でした。しかし30インチは想像もつかない高さなので怖いです。

    クロスフィットトレーニングでも24インチボックスジャンプはメニューで組み込まれているのでプライオボックスがあれば、自宅でもプチクロスフィットトレーニングができます。プルアップ(ぶら下がり健康器もどきを利用)、ボックスジャンプ、ボックスを利用してのインクラインプッシュアップ、Vアップ、バーピー、そんなのを各5〜10レップ、一通り一気にやりインターバル、これを10分、または20分で何セットできるか?などチャレンジ、ワークアウトメニューを考えるのも楽しいです。たかがボックス、されどボックス、ボックス一つあるだけでスクワットとは異なる刺激が、メニューの幅も広がります。ホームトレーニーにはプライオボックス、お勧めします。(公園のベンチでボックスジャンプやると結構奇異な目で見られるか、ヒンシュク買うので、、、、実際、私「座るとこだから汚すな、コラ!!」とウオーキング中の御爺ちゃんに怒られました、反省です。!自宅でコッソリのトレーニー向けには最適なボックスです。ただジムなどのプロユースにも耐えられる頑丈さです)、ビリーズブートキャンプのマットなど引いてやると音もしないので近所迷惑になりません!!故にマットは必須ですが!     

    ジャンプにあたり足の保護の為、室内用トレーニングシューズやビブラムの5本指シューズのいずれかを履いて行ってます。裸足だと着地時のショックが気を付けてても僅かにあるのでシューズ併用も必須だと思います。3セットから5セットでかなりの運動量なので結構、やった気にはなります。高レップ、高セットだと私の場合、ハムストリングスに痛みが出るので、やり過ぎには注意してます!!       

    長々のコメントお許しください。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。